あなたの住む街と駅は、活気がありますか?

人の集まる街には活気が生まれ、豊かな住環境も整備されます。その点で、駅の乗降人員は街の活性度を測る重要な指標です。人が集まる人気の街には活気が生まれ、豊かな住環境も整備されます。 

 

乗降人員の増減から見える経済トレンド

駅・路線格差 

首都圏、関西、東海の3大都市圏で、浮かぶ駅と沈む駅はどこか。アクセス重視で多くの人が移り住む大崎(東京・品川)、若者に人気のはずが凋落の鮮明な下北沢(東京・世田谷)、高級住宅地ですがダウントレンドに入った田園調布(東京・大田)…。街の人気は移り変わります。 

乗降人員、沿線人口、不動産価格、世帯年収、路線の混雑率などから、勝ち残る駅と沈む駅を探ります。