日本経済を牽引してきた自動車産業。世界がガソリン車から電気自動車(EV)にシフトする中で、大きな岐路に差し掛かっています。

EVでは要素技術が規格化され、技術もコモディティ化しやすいとされています。日本の自動車メーカーのお家芸だった「すり合わせ技術」も必要とされません。

そのとき、日本の自動車メーカーと部品メーカーは生き残れるのでしょうか。

 

日本経済の試練

EVショック

EV化が進めば、車体の軽量化によって鉄鋼メーカーをはじめとする素材メーカーは大きな影響を受けます。エンジンもマフラーも必要ないとすると、自動車産業の巨大なピラミッド構造をなす部品会社も影響を受けます。

EV時代に何が起きるのか。マクロ(日本経済)とミクロ(企業)の両方から迫ります。