60歳を過ぎてからどう働くのか? いま50代の勤め人が真剣に悩んでいます。60歳でいったん定年を迎え、65歳まで再雇用で働くというのが通常のパターンです。

でも70歳、あるいは75歳まで働くことを見据えると、別の道もあります。つまり、定年を前に、第2の仕事(企業)を探す中高年が増えているのです。シニアの再就職支援会社の幹部は、「50代で中小企業に転職すれば、60代でも管理職として働き続けることができ、評価されれば65歳以上でも重宝される」と指摘しています。

 

50歳から考える

定年後の仕事選び

今の会社で専門性を磨いていくか、それとも別の新天地を求めるか。いずれにせよ、「定年10年前」である50歳前後からの準備が大事です。

「こころの定年」にならないための心構え、シニア起業や転職のノウハウ、社会保険やハローワークの知識、友人・知人との付き合い方……。

人生100年時代、やりたい仕事で生き生きと働くシニアになるための方法を伝授します。