廃棄されたはずの「日報」は陸自で見つかった。隠蔽への関与をめぐり稲田朋美防衛相が窮地に追い込まれたが、そもそも自衛隊の「日報」とは何なのか。

本誌連載でもおなじみの元特殊部隊員・伊藤祐靖氏と、武装解除の専門家・伊勢崎賢治氏による対談(2017年5月13日号掲載)を読み返すと、「日報の破棄」が浅はかな言い逃れであったことがよくわかる。

戦争とPKOのリアルを語ろう[自衛隊日報問題 後編]

[対談]東京外大教授 伊勢崎賢治 × 伊藤祐靖 元海自2佐(特殊部隊創設者)

>>自衛隊日報問題[前編]

 

伊勢崎 南スーダンのPKOでは自衛隊に「駆け付け警護」の任務が付与されました。離れた場所で襲われた国連職員やNGO(非政府組織)職員を助けに行く任務で、そのための武器使用が可能になりました。しかし、本当にやる羽目になったら、どう責任を取るつもりだったのか。政府は無責任すぎる。

昨年7月に起きた衝突では、南スーダン軍とガチンコの戦闘になった可能性もある。自衛隊が紛争の当事者になることは憲法上許されていないのに、どうするのか。そこまで想定していたのか。防衛省の幹部と話していても彼らはピンとこないんです。紛争当事者にならずに戦場に行けると思っている国民の軍隊だからです。PKOでもそうですが、戦闘で困るのは戦闘員と民間人の区別がつかないときです。

東京外国語大学教授 伊勢崎賢治
いせざき・けんじ●1957年生まれ。国連などで東ティモール、シエラレオネ、アフガニスタンの紛争地域で武装解除を担当。(撮影:尾形文繁)

伊藤 一般人を装った便衣兵が、おばちゃんの後ろから撃ってきて、こちらが応戦すると「日本人に一般人が殺された」と騒ぐわけです。

元海自2佐(特殊部隊創設者)伊藤祐靖
いとう・すけやす●1964年生まれ。日体大卒。海自の特殊部隊「特別警備隊」の創設にかかわる。私塾で現役自衛官や警察官を指導中。(撮影:尾形文繁)

伊勢崎 国連はPKOでそういうシミュレーションをやっています。でも自衛隊は憲法第9条があるからできない。安保法制的にはやっていいことになっていますが、それを前提として審理する法体系がない。そこが問題なんです。国際法で糾弾できる戦争犯罪になるよう、相手はわなを仕掛けるように攻撃してくる。

伊藤 自衛隊の実務レベルでもその対応はやっていないと思います。ただ、私は個人レベルの自己防衛として、「おまえが人道的に考えて正しいと思ったら撃て。それが挑発になるからとビビるんじゃない」と言っていました。組織としていいことではないんですが。

伊勢崎 伊藤さんは勇気があるからそう言えるけれども、ほかの指揮官は言えないから、撃てない。責任を取るつもりで部下に命令、指導しても、何か起こったときに指揮官が責任を取る法体系じゃないでしょう?

伊藤 そう、部下個人の責任になってしまう。だから、おまえの判断でやれ、俺はいっさい責任を持ってやれないよ、と言っていました。

伊勢崎 すごいことですね。ありえないでしょう。それでも日本の自衛官は行っちゃうんだから。

伊藤 兵隊は行くんですよ。「こういう必要があるから、おまえは殺人罪に問われるけれど、やれ」と言われて、納得したら行くのが兵隊の世界です。私の部隊では、日本人を救出するとき、正当防衛の範疇で発砲しろと言っていました。「自分があいつを殺さないかぎり、この人を救うことはできないと判断したから射殺した」との一点押しです。「上官の命令ではなく、自分の判断で殺した」と言える人以外は現場には出せないと話していました。

伊勢崎 すべての指揮官が伊藤さんのように勇敢かつ冷静沈着とは限らない。右翼的な政治家が「やれやれ」と言っている中で、法的な準備も何もないまま、あおられてやっちゃう人も出てくるでしょう。自衛隊には軍事組織としての法理(法の正統性)がないのに。

(撮影:尾形文繁)

伊藤 そうなんですよ。憲法第9条との歪みが必ずどこかに出るし、誰かにシワ寄せが行く。自衛隊は土台からおかしいんだから、一回崩して立て直さないといけない。これまでも攻撃されていないし、撃っていないという状態を続けられたのは運も大きかった。いったんチャラにするぐらいの覚悟で作り直さないと、無駄な血が流れると思います。

伊勢崎 しかし政治はそういうふうに動いていなくて、次はどこにPKO派遣をするか、しかもトラブルが少なそうな場所を探すような話になっている。本当に懲りていない。

伊藤 私が経験した能登半島沖不審船事件(1999年)は、そもそもむちゃくちゃな話でした。日本人を拉致している最中かもしれない北朝鮮の不審船を海自の護衛艦が日本海で追跡し、立ち入り検査する直前まで行った事案です。北朝鮮の工作船には高度な訓練を受けた軍人が乗っていて、船には自爆装置がついている。立ち入り検査は生きて帰る望みがない任務でした。

伊勢崎 初めて「海上警備行動」が発令された事件ですね。

命令されれば死地にさえ向かう

伊藤 そうです。まず驚いたのは、警察権、逮捕権を持っていて立ち入り検査をするはずの海上保安庁が、船の燃料切れを理由に帰ってしまったことです。それで海上警備行動が発令され、われわれが警告射撃をしながら追跡して、停止した工作船の立ち入り検査をすることになりました。絶対に完遂できない任務に「行け」という命令が出たわけです。私も組織のいちばん末端で、立ち入り検査隊に「行け」と命じた一味です。

私が今も恥じているのは、「行かせる理由を彼らに説明するから教えてくれ」と、上官に言わなかったことです。行かせること自体は構わないんです。彼らはその係だし、それを覚悟して自衛隊に入っている。でも、生きて帰れない任務に当たる理由を、政治家も海上幕僚長も、誰も説明しようとしなかった。それでも隊員たちが「はい、わかりました」と行こうとしたのには驚きました。

伊勢崎 結局、不審船は高速で北朝鮮の領海に逃げ去り、立ち入り検査は行われなかった。これは警察権の行使に軍事力を使った、それもほとんど先制攻撃という国際法違反すれすれの防衛出動です。政府は防衛出動をしたことがないと言っているけれど、しているわけですね。

伊勢崎 「PKOに行けば、自衛隊が必ず紛争の当事者になる」。伊藤「現場の隊員には、正当防衛かどうかだけで判断しろと話していました」(撮影:尾形文繁)

ピラミッド型の組織からフラットな組織へ

伊藤 最近、企業の研修などで組織論やリーダー論について話す機会が増えています。軍隊の組織はピラミッド型が常識です。でも、私が作った特殊部隊は横並びの組織。隊長以外はみんな仲間なんですよ。組織上、私は先任小隊長でしたが、「俺の命令に納得がいかなかったら断れ」と言っていました。日本は教育水準が高く、ボトムの人間のレベルが高いので、上から下へというピラミッド型の命令系統にする必要がない。全員が作業員であり、全員が頭脳を使うという組織が可能な数少ない国民だと思います。

伊勢崎 フラットな組織というのは面白いですね。

伊藤 もめたとき、時間的な余裕がなかったら俺の言うことを聞け、と決めておけば、命令と服従ではなく、気配りと気遣いぐらいで十分に回る、強い組織ができます。日本は明治になって、慌てて他国の軍隊をまねたんでしょうけれど、もっと日本の国民性に合う組織があるのではないか。それはあの特殊部隊と似た組織ではないかという気がするんです。

伊勢崎 ピラミッドの底辺には接近戦をやるような大勢の歩兵がいるわけだけれど、現代の戦争ではそんなに必要ないでしょう? だったらフラットな特殊部隊をいくつも作ればいいですね。昔から軍隊は典型的なピラミッド型の組織で、米国の古典的な経営論もそれを基に成り立っている部分があるんです。でも、伊藤さんがおっしゃるとおり、日本の文化に合った、日本なりの軍隊のあり方を根底から考えたほうがいい。

そこで必要となるのは、軍隊の法的な位置づけです。今は、交戦できないはりぼてをいかに大きく見せるかしかできないから、米国から高い武器を買い続けている。ピラミッドを崩して、法的に交戦できる軍隊にすれば、そんな高い買い物をする必要はないかもしれない。

伊藤 ないですよ。9条を変えるのか自衛隊を変えるのかわからないけれど、いったん壊して、スジの通った組織を作らないといけない。日本の国民性に合った組織を作ってみて、うまくいったら日本の組織のモデルケースにもなるかもしれません。

(構成・ライター:仲宇佐ゆり)

>>自衛隊日報問題[前編]