今週号の特集は「アマゾン膨張」です。日本への進出から17年目、国内売上高は1兆2000億円に達し、毎年約2割増のペースで増収を続けています。年1割前後で伸びている日本のeコマース(ネット通販)市場を上回る驚異的な速度で成長しており、同業を寄せ付けない圧倒的な強さを誇ります。

 

追い詰められる日本企業

アマゾン膨張

 

特集では、「アマゾン独走 ついに始まった生鮮品の“速配”」「宅配パンク ヤマトとアマゾンの値上げ交渉」「消費を刺激するアマゾンデバイス」「大手企業が次々と採用 アマゾンのクラウドサービス AWSのすごさ」「展示会の冠スポンサーに ファッション戦略を加速」など、アマゾンの今に迫ります。 

さらに異色対談として、敵対的買収で知られた村上ファンドの創設者、村上世彰(むらかみよしあき)氏が登場しています。企業統治や企業と株主との関係に詳しい伊藤邦雄・一橋大学特任教授と、日本企業にとって株主とは何かについて、熱い議論を繰り広げています。今も、もの言う株主として活発に活動する村上氏と、株主の利益を守るためROE(自己資本利益率)8%以上を企業に求める伊藤教授。企業統治をめぐる真剣勝負の対談です。

(→最新号の目次はこちら