ここ数年、異常ともいえる医学部人気が続いています。企業エンジニアになるよりも、収入が安定し、社会的な尊敬も得られる医者の人気が高まっているのです。簡単にいえば、「有力大学工学部→大手企業エンジニア」より、「地方の国公立大医学部(あるいは都市圏の私立大医学部)→医者」のほうが、高校生にとってもその親にとっても、魅力的に映るのです。

 

過熱する医学部受験

医学部&医者  バブル人気の実情

私立大医学部の中には優秀な学生を獲ろうと学費を大胆に下げ、入試の偏差値を上げることに成功したところもあります。大学当局は優秀な学生と教員を集めることで、大学の「格」を上げようと躍起になっており、かつての医学部の序列にも地殻変動が起きています。

特集には、「医者の仕事のリアル 出世街道は人それぞれ」「医者が足りない診療科 余る診療科」「医師偏在解消の処方箋」「医者が稼ぐおカネの現実」「わが子をどこに入れる? 最強予備校の選び方」「留年する医学部生が増えているのはなぜか」など、医学部と医者をめぐる気になるトピックが満載です

(→最新号の目次はこちら