銀行はいま困難の時代を迎えています。低金利の長期化によって、貸し出しの利ザヤを稼げないだけでなく、資金運用が難しいからです。とりわけ地方銀行は地方経済の停滞や人口減少に直面し、経営環境が厳しくなっています。

さらに、銀行には別の大波も押し寄せています。「フィンテック」です。これまではフィンテックベンチャーの手掛けるサービスは、家計簿アプリやクラウド会計など周辺分野にとどまっていました。ところが最近では、為替、融資、預金という銀行の業務をカバーするソフトを提供し始めています。これからはフィンテックベンチャーと組んで業務の効率化を図らないと、銀行は顧客から見離される」と話す銀行幹部もいるほどです。

福島に本店がある東邦銀行は、フィンテックベンチャーのマネーフォワードと提携し、地銀の中でも先進的な取り組みをしています。両社のトップが、金融の将来を語り合いました(全2回)。

(週刊東洋経済プラス編集部)