1997年創業、今年2月に創業20年を迎えたインターネット通販(EC)大手の楽天。ベンチャー企業からスタートし、日本にインターネット通販を定着させた立役者も、今や東証1部上場の大企業。その“古巣”を飛び出し、自らの会社を立ち上げた気鋭の4人が集い、大いに語る!(全4回。5回目はOB名鑑を公開。 / 第1回「楽天を辞めて、やりたかったこと」を読む)

1979年生まれ。ロンドン大学卒業後、帰国。アビームコンサルティング株式会社にてIT・戦略コンサルタントを約10年にわたり経験し、その後楽天株式会社に移籍。UI/UXに特化したWebのグローバルマネージャーを務める。 2014年7月、“発想とITで人々の日常に新しいワクワクを創造する“を理念に株式会社エアークローゼットを創業。新感覚オンラインファッションレンタルサービス”airCloset”を立ち上げる。

自分の好みや体形を登録すると、社内外に100人ほどいる提携スタイリストが洋服を選び送ってくれる。従来のレディースに加え、今後メンズ、マタニティ、キッズ、シニアなどの領域拡大も計画中

 

1982年10月15日生まれ。慶應義塾大学卒業後、楽天株式会社に新入社員として入社。開発部署で店長ブログの立ち上げやABテストを通じた楽天市場の流通向上を実施後、マーケ部門に所属し新サービスの立ち上げに関わる。自身が速度制限に引っかかった経験から、携帯の通信量を意識しながらネットを使わなければいけない通信環境を根本的に改善するため、楽天を退職し本サービスを立ち上げる。世界中のどこに行っても、通信量を気にせず自由にネットが出来る世界を作っていきたい。

携帯の通信料を削減し、通信制限にかからないようにするアプリ。アプリ内でWifiを登録すれば、自動的に接続&認証をしてくれるので、いちいち立ち上げる必要がない

 

1983年生まれ。同志社大学を卒業後、2005年新卒として楽天株式会社に入社。マーケティングおよびウェブディレクションチームにおいて、楽天市場のUX改善、モバイルデバイス戦略の推進、楽天の会員基盤における顧客育成施策、商材カテゴリ別の流通拡大戦略など多岐にわたり担当。2011年10月に株式会社プレイドを創業。約1年にわたるβ版での実地検証、2014年12月に開催されたInfinity Ventures Summit Launch PadにおけるAward獲得を経て、2015年3月にウェブ接客プラットフォーム「KARTE」を正式リリース。2016年9月時点で1,300社が導入している。

ウェブ接続プラットフォーム「KARTE」は、自分のサイトへの訪問者をリアルタイムに可視化、会員登録や購買につなげるためのウェブ接客を可能にする

 

1980年5月4日生まれ。
[2004年4月~2008年10月]青山商事株式会社営業部にて新規出店店舗開発に従事。現場経験を経て創業以来最速かつ最年少の店長として就任。
[2009年1月~2012年10月]楽天株式会社、楽天市場のECコンサルタントやサブマネージャー職に従事し、累計5,500社以上をサポート。
[2012年10月~2013年8月]株式会社フィールドマネジメント IT事業部部長/スポーツ事業部部長としてプロスポーツチームのCRM構築/改善に従事。
[2013年9月]株式会社マージェリックを創立

EC運用支援ツール「バンブーシュート」は、AI(人工知能)を活用。AIが多くのデータを蓄積・学習するので「分析」「準備」「接客」のEC運用サイクルを効率化できる

>>楽天OB座談会 第1回​「楽天を辞めて、やりたかったこと」を読む

(週刊東洋経済プラス編集部)