『週刊東洋経済』の過去のバックナンバーを紹介するこの企画。今週は、最新号の第1特集「花粉症・アレルギーに克つ」に連動して2015年の医療もの2本。いろいろな医薬品を取り上げた号と、一時はマイナンバー並みの騒動も懸念された制度変更に注目した号をご紹介します。

激変する医薬品業界/全ビジネスマンを巻き込む

クスリ最前線、ストレスチェックがやって来た!

1冊目は2015年7月18日号、第1特集は「クスリ最前線」です。薬価が高額なC型肝炎薬が発売された時期の特集で、がん治療が変わると世界が注目する日本の免疫薬などを追いました。今週号で取り上げたスギ花粉症治療の「舌下免疫療法」にも、「身近な病気に効くクスリも大変身」の中で触れています。超高齢社会で増え続ける医療費に対する抑制圧力(医療分野の歳出改革)についても解説しました。巻頭特集では国民投票で「緊縮反対」を選択したギリシャにスポットを当てています。

2冊目は15年12月19日号、第1特集は「ストレスチェックがやって来た!」です。同年10月からマイナンバーの通知カードが郵送され始めたこともあり、ビジネスマンを中心に全社的な取り組みが必要な制度変更の2例目として特集しました。メンタルヘルス労災は過去10年で4倍に増えています。読者のみなさまが、ご自身でストレス度を誌上点検できるページも設けました。漫画『ツレがうつになりまして。』シリーズを書いた細川貂々さんと夫の望月昭さんの対談のほか、宇宙飛行士やマグロ漁船の乗組員のケーススタディも要注目です。

(週刊東洋経済プラス編集長 山川清弘) (週刊東洋経済プラス編集長 山川清弘)