東西JRの新幹線開発を担う。性能だけでなくデザイン力にも優れる(撮影:今井康一)

「車両メーカーやデザイン会社など、複数の会社とコンペの末、当社の車両デザインが採用されました」──。

JR東日本とJR西日本が共同開発した北陸新幹線「E7/W7系」。そのうち、JR西向けの第1号編成が川崎重工業の兵庫工場から初出荷された4月7日、川重の車両デザイン担当者は誇らしげに語った。2013年から営業運転した秋田新幹線「E6系」のデザイン設計を担当したのも川重だ。新幹線の新型車両のデザインで2回連続して受注に成功したことになる。

川重に日立製作所、さらにJR系の日本車輌製造(JR東海)、近畿車輛(JR西)、総合車両製作所(JR東)。大手車両メーカーの中でも、川重と日立は売上高で頭一つ抜きんでている。高速鉄道の技術開発で世界をリードする存在だ。