今秋で開業50周年を迎える東海道新幹線の実現は、わが国の経済成長と都市化を促進した。それだけでなく、先進国の鉄道再生や高速化を先導した点でも誇りうるインフラだ。日本の鉄道関係者の信念は、「鉄道は経験工学」という一語に集約されている。

ところが、車輪もレールも架線もない、まったく異質の鉄道=リニアが日本で造られようとしている。政府も事業者も情報開示に消極的で、多くの国民は知識も関心も低い。着工の可能性が高まってきた、リニア計画の実現と成功の可能性について、筆者の見解を述べたい。

結論を要約すると以下のとおりだ。