4月12日、リニア実験線に試乗するケネディ大使(左)、安倍首相、葛西名誉会長(右)(AFP=時事)

4月12日の正午すぎ。山梨県都留市のリニア実験センターでは、実験線に試乗する安倍晋三首相とケネディ駐日米大使の姿があった。安倍首相はケネディ大使にリニアのすばらしさを説き、ケネディ大使は「オバマ大統領に伝える」と約束。2人の傍で説明したのは、JR東海の葛西敬之名誉会長だ。

米ワシントン─ボストン間(約700キロメートル)を結ぶ高速鉄道構想。JR東海がリニアの技術を無償提供し、日本政府が資金の半分を国際協力銀行(JBIC)経由で融資する。総工費は「まず1兆円が前提」(金融関係者)。JR東海は運営には踏み込まないが、海外でのリニア普及を通し、コンサルティングフィーや量産効果によるコスト削減を狙う。