9兆円の巨大プロジェクトであるリニアは、JR東海にとって稼ぎ頭となるのか。JR東海や国土交通省の中央新幹線小委員会は、リニアの収支を明らかにしていない。今回、リニアの品川─名古屋間開業時と名古屋─大阪間開業時で、それぞれの収支を独自に試算した。

まず算出の前提となるのは「利用者数」だ。小委員会では、経済成長率が1%かつ高速道路の料金が現状と同じ場合、リニアの輸送量がどれくらいになるかを予測。輸送量は旅客人キロ(利用者数×輸送距離)で表される。これを、名古屋開業時で年167億人キロ(11年度の東海道新幹線の旅客人キロに対し38%)、大阪開業時で同408億人キロ(同92%)と、予測している。

ただこれは必ずしも実態に即さない。より実際に近い数値を求めるべく、貨物・旅客地域流動調査(国交省)の府県相互間輸送人員表を基に、1日の利用者数を試算した。