リニアの長野県駅が建設されるのが長野県飯田市だ。人口約10万人、南アルプスと中央アルプスに挟まれた伊那谷南部に位置し、東京までは高速バスで4時間。リニアが開業すれば、品川まで40分で結ばれ、所要時間が3時間以上も短縮される。飯田はリニアの恩恵を最も受けるといっていい。

現地ではリニア開業に期待する声はまだそれほど強くない。市内で飲食店を経営する男性は「リニアが来ても、飯田で降りる人はあまりいないのでは」と想像する。老舗旅館の会長は、「開業後の飯田がどうなるかわからない。工事関係の需要に応えつつ、いつでも投資できる体制を整える」と様子見でいる。

リニア駅の設置が予定されるのは、天竜川右岸の上郷飯沼(かみさといいぬま)地区だ。

長野県駅は天竜川右岸の平地へ

国道153号線に沿い、パチンコ店やスーパー、住宅街が点在するエリアで、JR飯田駅のある市中心部から南東へ3キロメートルほど離れている。停車するリニアの列車は1時間に1本程度を予定。JR飯田駅との接続は見送られ、周辺交通機関との接続は中央自動車道を軸とする。