2027年×月×日、リニア品川─名古屋間が開業した。

車両基地跡の再開発などによって、品川駅は今や新宿駅に並ぶ新都心に成長したが、港南口にある新幹線乗り場の雰囲気は変わっていない。地下約40メートルのリニアの乗り場へは、東海道新幹線の改札口横から、エスカレーターで降りる。山手線ホームからリニアのホームまでは、ドアの位置にもよるが、成人男性の足なら10分弱だ。

地下3階にあるリニアのホームは2面4線。1時間に5本前後の列車が発着する。ホーム左右には待ち合いスペースと乗車ゲートが並び、車両はチラリと見えるだけ。駅というより空港の搭乗ロビーだ。客は、売店に寄る程度ですぐ乗り込み、出張のビジネスパーソンが多い。