2027年にリニアが開業すれば、東京─名古屋間の移動は40分と、今より1時間も短縮される。人口約3500万人の東京圏と約1000万人の名古屋圏が一つになり、5000万人に迫る巨大都市圏が完成するのだ。

影響の最も大きい都市は名古屋である。ローカルな都市にすぎなかった名古屋は、インターナショナルな都市へと大きく変貌する。

実はリニア開通で名古屋の地盤沈下を懸念する声は少なくない。東海道新幹線が開通した後の、大阪の状況を想起するからだろう。