アイリスオーヤマ社長 大山健太郎
おおやま・けんたろう / 1945年、大阪府生まれ。19歳で父親が急逝し、64年に家業のプラスチック製品の大山ブロー工業所の代表者に就任。89年に仙台市へ本社を移転し、97年から中国・大連で生産開始。2013年からは精米事業に進出。(撮影:尾形文繁)

──園芸用品からペット用品、家電まで幅広く扱うのはなぜですか。

当社の企業理念に「会社の目的は永遠に存続すること。いかなる時代環境においても利益の出せる仕組みを確立すること」がある。利益を出せるのはいっときでも、新しい仕組みはつねに湧き上がってくる。

どこの企業でも、ヒット商品が出るとそれに安住してしまう。業種もそうでしょう。何百年と続いている旅館業はずっと旅館を経営し、金属繊維を扱っている会社はずっと金属。一つの業を極めることは大事だが、世の中のトレンドはどんどん変わっていく。一芸や一業種に秀でるだけでは、今の家電業界みたいになってしまう。それを私はオイルショックで経験し、死にかけた。