今年1月20日、創立80周年を迎えたこの日。東京ミッドタウンにある富士フイルムホールディングス本社で、古森重隆会長兼CEO(最高経営責任者)はこの10年を振り返っていた。

10年前。写真の世界にもいよいよデジタル化の大波が押し寄せていた。富士フイルムが圧倒的なシェアを誇り、利益の過半を稼いできた写真フィルムが、店頭から消えてなくなる日が迫りつつあった。

当時、古森会長は富士フイルムが置かれている状況をこう例えて、危機意識を社内で共有した。

「トヨタから車がなくなる」

「新日鉄から鉄がなくなる」

まさに本業消失といえる事態だった。勝つどころか生き残れるかすらわからない。ぎりぎりまで追い詰められたところから戦いは始まったのだ。