日本の書籍・雑誌の流通は「再販売価格維持制度」と「委託販売制度」という2つの大きな取引慣行から成り立っている。再販制度は、出版社が小売価格を定め、値引き販売を行わないことを条件に書店と取引契約を結ぶ…