こんなはずじゃなかった──。イトーヨーカ堂への入社が決まって、制服の寸法合わせに行くと、ぎしぎし鳴る階段の隣の応接室に通された。それっきり音さたがない。二時間たち、三時間たって、鈴木敏文はやっと女性…