ラニエリは「心温まるストーリー」の中心にいた(アフロ)

シンデレラストーリーを演じたレスターで、自らも今季解任監督の第1号候補から優勝監督へと変貌を遂げたクラウディオ・ラニエリ。今秋で65歳のイタリア人指揮官には二つの評判があった。

一つは「下手な職工」を意味する「ティンカーマン」の悪評。チェルシー監督時代、頻繁にイレブンの顔ぶれやシステムに手を加えては、采配が裏目に出るケースが目立った。今回も悪い「いじり癖」が危惧された。ただでさえ、残留争いに巻き込まれたチームを引き継いだ新監督が改革を試みる例は珍しくない。

ところがラニエリは意外にも静観の構えを見せた。在籍5年目のGKキャスパー・シュマイケルは次のように言っている。

「就任初日に軽いあいさつがあった後、プレシーズン1週目は黙って練習を眺めているだけだったんだ。いきなり注文をつけようとはしないで、じっくりとチームを観察する姿に自分たち選手への敬意と信頼を感じて、すぐに監督に対する尊敬の気持ちも芽生えた」