米国が、パキスタンの核兵器プログラムを抑制すべく交渉しようとしていたことが明らかになった。米メディアは合意の成立が間近だと報じた。が、外交および国家安全保障に関する主要顧問であるサルタージ・アジズ氏を含むパキスタン高官らの話では、進行中の合意などなかったという。むしろ、米国がパキスタン政府に圧力をかけ、戦術兵器や短距離ミサイルの生産制限要求に応じさせようとした印象だ。

パキスタンの政治指導者らは難しい立場に置かれた。同国の強力な軍部に対し核兵器開発に制限をかけるよう説得することなど、彼らには不可能だった。米国による働きかけは、安全保障に関するパキスタン国内の分断を深めただけだった。