昨年の不正会計発覚以後、経営再建の真っただ中にある東芝は4月26日、2016年3月期の業績予想を修正した。大きな要因は、米ウエスチングハウス(WH)を買収した際に資産計上していたのれん3300億円のうち2600億円を減損処理すると決めたことだ。

2月時点で3月期末の株主資本1500億円という見通しを示しており、今回の減損で赤字がさらに膨らむと債務超過に陥るところだった。

だが、同日に示した新たな見通しでは、期末の株主資本が3000億円(図1)と前回予想から2倍に増えた。なぜか。それは減損と併せて公表したもう一つの修正要因にある。医療機器製造子会社・東芝メディカルシステムズ(以下、TMSC)の売却益を5900億円計上し、最終赤字の見通しが従来の7100億円から4700億円に縮小するという見通しに変えたからだ。

[図1]
拡大する

東芝の室町正志社長にとって、債務超過は何としても回避しなければならない最優先の課題だった。