マリオット(写真左)がウェスティン(写真右)などを保有するスターウッドの買収を決めた(撮影:今井康一)

熾烈な買収合戦を制したのは、やはり本命企業だった──。

米大手ホテル運営会社のマリオット・インターナショナルは3月中旬、同業の米スターウッド・ホテルズ&リゾートを買収することで合意した、と発表した。

買収金額は136億㌦(約1.5兆円)。業界首位のヒルトン・ワールドワイドを抜き、運営客室数で100万室超という、世界最大のホテルチェーンが誕生する。日本の大手ビジネスホテルでも、5万室程度にとどまることを考えれば、規模が2ケタ違う。

今回の買収合戦が注目を浴びた理由は、その規模もさることながら、マリオットと中国の大手保険会社、安邦保険集団が熾烈な入札競争を繰り広げたことにある。2015年11月にマリオットがスターウッドの買収計画を発表すると、間髪を入れずに安邦集団が金額を吊り上げる形で参戦。当初、122億㌦だった買収提案額は、両社の引き上げを経て、ようやくマリオットが136億㌦で買収することで決着した。