“走る現代美術館”の異名を持つ、JR東日本の「現美新幹線」がついに姿を現した。秋田新幹線で使われていた6両編成のE3系を5億円かけて改装。外観デザインは写真家・蜷川実花氏の手による。夜空のような漆黒…