マクロ経済学者の間では、短期的に気候が変動しても経済活動にはさほど影響しない、というのが通説だった。たとえば3月の天候が季節外れに穏やかならば、建設業界の雇用は一時的に改善するかもしれないが、ツケは…