プラズマテレビからの撤退など大ナタを振るい、就任直後に7542億円の巨額赤字を計上するなど構造改革を主導してきた津賀一宏社長が、今年6月で5年目に突入する。株式市場は二度目の中計発表でも、株価下落の…