戦国時代の不文律は“下克上”だった。下が上を超える、下が上に勝つ、というものだ。が、ただやみくもにそれが行われたわけではない。下が上を超える場合は、“君、君たらざれば臣、臣たらず”という現象があった…