最近の日本人科学者によるノーベル賞の連続受賞は、国民にとって自信と誇りを取り戻す出来事だった。しかしその一方で、気掛かりな事実がある。日本の学術論文数が惨憺(さんたん)たる状況になりつつあるのだ。学…