(イラスト:今井ヨージ)

冒頭から質問で恐縮だが、読者の皆さんは「じんざいの五段活用」をご存じだろうか。

①人在:そこにいるだけの人

②人材:材料として使える人

③人財:価値を生み出す人

④人罪:いると迷惑な人

⑤人済:済んでしまった人

「じんざい」とは、通常は「人材」と表記され、材料として使える人というイメージだ。だが付加価値を生む人は「人財」と表記できる。与えられた仕事をこなすだけではなく、企業の事業価値を生み続ける人は、社内での価値を高めるとともに、社外における自らの市場価値を高める人でもあるだろう。そういう人財はいざという時、その価値がどこでも評価されうるだろう。

研究技術者は 4つのタイプに

では、企業内の研究技術者(リサーチャーやエンジニア)という専門職は、どうすれば自己の市場価値を高められるだろう。研究技術者を研究・開発の志向性で大まかに分類すると、四つに分けられる。

①インベンション人材(発明)

 →技術開発をしていると幸せ

②イミテーション人材(模倣)