冴えない個人消費の喚起策が、6月の骨太方針の焦点になってきた。「実質賃金・可処分所得を引き上げ、国民が生活の質の改善を実感できる消費喚起に取り組む」4月4日の経済財政諮問会議で民間議員の一人はこう述…