3月に行われたセブン&アイ入社式。鈴木会長(右)と井阪氏(左)は視線を合わせなかった

「1カ月ちょっと前、鈴木(敏文)会長から、社長を交代するように、という話があった。交代の理由を説明されたが私は理解できなかった。2009年に社長になり、精いっぱいやってきた。5期連続最高益。社内制度の面でも、みなし残業の問題、コンプライアンスへの対応などに取り組んできた。背任行為や違反行為もない。体も精神も健康だ。(社長として)やらなければいけないことはまだある」

丁寧だが、強い意志を感じさせる口調。そして「明日の取締役会で、申し上げたいことは申し上げるつもりだ」。

4月6日夜、本誌の取材でこう打ち明けたのは、セブン&アイ・ホールディングス傘下で、コンビニエンスストア事業を手掛けるセブン-イレブン・ジャパンの井阪隆一社長(58)だ。

そして翌7日。セブン&アイの取締役会は、セブン王国の総帥、鈴木会長(83)が考えた、井阪社長を交代させる人事案を諮った。

井阪氏が本誌に語った内容は、鈴木会長に反旗を翻すに等しい行為だ。しかし、自身の社長交代に納得できない井阪氏は、取締役会で自分の考えを表明せざるをえなかった。