若い頃、北欧文学に夢中になった時期がある。特にクヌート・ハムスンの『飢え』には取りつかれた。最近の北欧ミステリーの盛況ぶりを見ていると、若い頃のめり込んだ感動と現在との間に、断たれることのなかった一…