陰険な手法でライバルを陥れるのに、最も頻繁に用いられる武器が酒だ。筆者がモスクワの日本大使館に勤務していた頃は、それこそ浴びるように酒を飲んで、相手から情報を取ることがよくあった。拙著『国家の罠』『…