昨年、ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章さんが研究拠点にしていた岐阜県の観測装置「スーパーカミオカンデ」。宇宙からの素粒子をとらえる“目”である光電子増倍管を製造していたのが静岡県浜松市の浜松ホトニ…