コミケはアマチュアの才能発掘の場でもある(撮影:コミックマーケット準備会)

夏と冬に年2回開催される「コミックマーケット」(通称・コミケ)。2015年に40周年を迎えたこの同人誌即売会は、3日間にわたり50万人以上を動員するイベントになった。11日間で81万人を動員する、東京モーターショー(15年)に次ぐ規模だが、1日当たりの動員数ではモーターショーの倍以上だ。もはや日本最大級のイベントといってもいい。

アマチュアの表現の場として誕生したコミケは今、多様な顔を見せる。人気作をパロディ化した2次創作と呼ばれるマンガを軸に、小説やノンフィクションの同人誌が出展。この20年間ほどはPCの普及で、ゲームや音楽、映像作品も増えた。最近では3Dプリンタを使ったフィギュアなども見られる。

だが懸案も出ている。コミケの規模が拡大したのは1990年代以降で、96年からは会場を東京ビッグサイト(東京国際展示場)に移した。それが20年に開催される東京オリンピックの余波で、会場不足の問題に直面しそうだからだ。ビッグサイトはオリンピックのプレスセンターとして19年夏から使用されることが決定。19年夏・冬、20年夏のコミケは、現状のビッグサイトでの開催は不可能な情勢である。