ミサイル設置が報じられた永興島(ウッディー島)はベトナムとの紛争を経て中国が実効支配している(写真:imaginechina/時事通信フォト)

2月17日、米テレビ局フォックスニュースは、「中国が南シナ海の西沙諸島(パラセル諸島)の永興島(ウッディー島)に兵器を配備している」と報じ、西側メディアを中心に大きな騒ぎとなった。

フォックスニュースによれば、中国が同島に配備したのは最新型の地対空ミサイル「紅旗9」。ミサイルの発射装置8基やレーダーシステムも写真から確認されたという。

習近平国家主席は訪米した昨秋、オバマ大統領に直接「南シナ海を軍事拠点化するつもりはない」と伝えていた。報道が中国の意図を疑う論調で染まるのも無理はない。

だが、記者たちの質問攻めに遭う中国外交部(外務省に相当)の対応は要領を得なかった。2013年に中国海軍の艦艇が日本の護衛艦にレーダー照射した際や、同年に中国が東シナ海で防空識別圏を設定したときの「情報過疎」の再演だった。

当初は王毅外相自ら「西側メディアがニュースをでっち上げたのだと思う」と語っていたのを、翌日に「西沙諸島は中国固有の領土だ。島の防衛施設には数十年の歴史があり、(ミサイル配備は)新たな動きでも軍事拠点化でもない」と言い直さなければならないほどの迷走ぶりだった。