政治学者、京極純一先生の訃報に接し、私が講義を聴いた頃の先生の年を追い越していることに愕然とする。学者も小粒になっているので政治家の劣化などと気安く批判はできないとわかっているつもりである。それにし…