2月4日、TPP(環太平洋経済連携協定)署名式に先立つ閣僚会合に出席した高鳥修一内閣府副大臣(AFP=時事)

首相主催の「桜を観る会」は、例年4月中旬ごろに東京・新宿御苑で催される。

ところが、今年は通常より10日ほど早い4月9日開催。ちなみに昨年は4月18日、2014年は4月12日、13年は4月20日だった。

そして「桜を観る会」の早期開催決定が、永田町で取りざたされている参議院議員選挙前の衆議院解散・総選挙説に現実味を与えている。具体的な日程まで挙がっているのだ。

16年度政府予算案は、遅くても年度内3月下旬の成立が見込まれる。安倍晋三首相は予算成立後、直ちに衆議院を解散、4月12日公示・24日投開票の衆議院議員選挙に突入するというものだ。

それでは、衆議院解散の大義名分をどうするのか。実は、解散権を持つ安倍首相には「カード」がある。

昨年9月19日未明、平和安全法制整備法案は参議院本会議で可決・成立し、3月末までに施行される。

同法を「戦争法案」とする民主党、共産党など野党各党は参議院選挙を念頭に、同法廃棄を共通項とした野党共闘実現を目指してきた。