日本銀行は1月29日、マイナス金利付き量的質的金融緩和の導入を決定した。直後の国内市場の反応は、長期金利の低下、株式相場の上昇、為替の円安と一昨年10月のサプライズ緩和を彷彿させるものであった。同日…