アベノミクスの推移を見ていて、ある小説を思い出した。城山三郎が約40年前に書いた『官僚たちの夏』だ。時は1960年前後、ミスター・通産省(現経済産業省)といわれた異色官僚、佐橋滋(小説中では風越)と…