払いすぎた税金が戻ってくる場合がある確定申告。何となく知ってはいても、その内容や控除を受けるための条件はよく知らない人が多い。損をしないためにも、ここできっちり理解しておこう。

*確定申告とは?

確定申告は税金を適正に納付するための手続きだ。毎年2月16日~3月15日の期間に、前年1年間に所得のあった人が所得税を計算して申告し、納税する。あるいは源泉徴収などですでに所得税を納めている人が、納めすぎている場合に申告して返してもらう。

確定申告は、しなければならない人と、必要はないがすれば税金が戻ってくる人がいる。

以下、主なケースを紹介する。

*確定申告をしなければならない人

サラリーマンのように給与所得がある人の場合、年収が2000万円を超える人、給与以外に副収入があり、その所得金額の合計額が20万円を超えている人は確定申告をしなければならない。

この「所得金額」とは、収入からその収入を得るためにかかった必要経費を引いた金額のこと。副収入は満期保険金収入、不動産賃貸料収入、不動産売却収入などで、退職金などの退職所得は含まれない。