JASRAC(左)の牙城に本格参入したエイベックス。はたして勝ち目はあるのか(撮影:大隅智洋)

挑戦者が開けた蟻(あり)の一穴は、七十年来の強固な岩盤の崩壊につながるか。

エイベックス・グループ・ホールディングスは2月1日付で、傘下の著作権管理会社イーライセンスとジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)を合併、新会社ネクストーンを設立する。エイベックスはJRCの株式を2015年9月に取得したばかり。矢継ぎ早の攻勢で「シェア獲得だけでなく、適正な競争による業界全体の規模拡大を狙う」(ネクストーンのCEOに就任予定の阿南雅浩氏)。

音楽著作権の管理ビジネスは、重層構造の上に成り立っている(図1)。利用者に多くの楽曲を使ってもらい、作詞家や作曲家に収益を還元するのが、日本音楽著作権協会(JASRAC)をはじめとする、著作権管理事業者の役割。だが、「利用者の立場からすると、現状は使いにくい点が多い」(阿南氏)。

[図1]
拡大する

たとえば、新サービスへの対応の遅さ。CDの販売が落ち込む中、エイベックスなどのレコード会社はこぞって音楽配信に力を入れている。そこに通信系の新規参入組も加わり、音楽配信市場では新しいサービスが日々生み出されている。ところが、利害関係の調整に時間がかかり、JASRACは迅速な対応ができていないとの見方がある。