販売金融機関が介在しないため、購入手数料をゼロに抑えられるのが魅力の「独立系投資信託」。運用会社の数は現在8社を数える(表1)。既存の金融機関と資本関係を持たず、自社運用ファンドを投資家に直接販売す…