今年の日経平均株価は年前半の5~6月に2万3000円の高値をつけ、年後半にかけて1万7000円の安値をつけると予想している。「アベノミクスの賞味期限切れ」がしだいにクローズアップされると考えるからだ…