出世を志すビジネスパーソンにとっては、大問題かもしれない。2016年5月末から、TOEIC(R)の問題形式が一部変更される。

「今の形式になじんだ人が新しい形式を見ると、戸惑う可能性がある」。こう語るのは、TOEICを実施する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)の山下雄士常務理事。新形式では教科書的な内容を減らし、リアルな英語を意識した問題が加えられる。リスニング問題では会話全体を理解する必要があり、小手先のテクニックを駆使したスコアアップは難しくなりそうだ。

今やTOEICスコアは、出世へのパスポート。「全社員対象の目標値として導入し、クリアできない管理職を降格する会社が増えている」と、英語学習などを手掛けるトライオンの三木雄信社長は指摘する。

英語が上手でも意思を伝えられない