中国の大気汚染が危機的な状況に達している。北京市では2015年12月8日、微小粒子状物質PM2.5などによる汚染が深刻化するおそれがあるとして、最高レベルの「赤色警報」が初めて発令された。誰でも呼吸…