店舗に近づくと、消費者のスマートフォンにセールやクーポンの情報をタイムリーに届ける。

アイリッジは、こうした「位置連動」を強みとした情報配信サービス「popinfo(ポップインフォ)」を、小売りや銀行など向けに提供。企業がネットと実店舗の連携効果を狙って取り組む「O2O(オンライン・トゥ・オフライン)」施策の支援を手掛けている。

NTTデータとボストン コンサルティンググループを経て、小田健太郎社長が2008年に創業。サービス開発の技術力、効果的な利用方法を提案する企画力を売りとしている。