イベントが目白押しだった12月第1週はスーパーウイークと呼ばれた。そのハイライトは12月3日の欧州中央銀行(ECB)理事会だった。

ECBは預金ファシリティ金利引き下げなど緩和策を発表した。だが、市場の期待を下回ったためポジションの巻き戻しが急速に進行。独10年債利回りなど欧州金利は10月水準を超えて上昇し、独DAX指数など欧州株は大幅に反落した。為替は1ユーロ=1.05ドル前後の年初来安値圏へ値崩れしていたが、1.1ドル台に迫る急反発となった。

ドイツ連邦銀行のバイトマン総裁は、理事会翌日の4日の講演で、「現段階での追加緩和は不要」との認識を誇張して示した。バイトマン総裁らタカ派の説得が不調に終わり、今回の中途半端な追加緩和策の決定に至ったものと思われる。