左から東京海上の永野毅、SOMPOの櫻田謙悟、MS&ADの柄澤康喜各社長(撮影:尾形文繁、梅谷秀司)

損害保険のメガ3グループによる海外保険会社の買収が一気に加速している。

6月、業界首位の東京海上ホールディングスは9400億円で米大手損保HCCフィナンシャルを買収、9月には、同2位のMS&ADホールディングスが6400億円で英アムリンの買収を決めた。共に両社にとって過去最大の海外買収だ。

これらの巨額買収に霞んでしまったが、損保ジャパン日本興亜ホールディングス(SOMPOホールディングス)も2014年に英キャノピアスを買収。15年にも仏の再保険大手の持分会社化の方針を発表した。後者は頓挫の可能性が高くなったが、海外事業で巻き返す構えは不変だ(図1)。

[図1]
拡大する

国際潮流は大型化 英ロイズ市場で争奪戦